53期生藤井菜々子さんが女子20キロ競歩で五輪代表に内定

久遠会は藤井菜々子さんを応援しています

藤井菜々子さん-オリンピック内定おめでとうございます

東京オリンピックの代表選考をかねた陸上20キロ競歩の大会で53期生(陸上部に在籍)の藤井菜々子さんが優勝し、オリンピック代表に内定をしました。北九市立高等学校在学中は陸上部に所属しておられ、高校生活での指導者との地道な努力の賜物だと思います。
久遠会は藤井菜々子さんを応援します。

NHK NEWS WEBの報道を抜粋

むだのない動きで歩く歩型が特長

藤井菜々子選手は福岡県出身の20歳。
北九州市の高校を卒業後、実業団に入りました。

柔軟性を生かして、むだのない動きで歩く歩型が特長で、将来、オリンピックや国際大会で活躍が期待される19歳以下の選手を日本陸上競技連盟が指定する「ダイヤモンドアスリート」の1人に認定されるなど、その将来性が期待されていました。 ・・・

日刊スポーツの報道

競歩藤井菜々子が涙の五輪内定「メダルを目標に」

中スポの報道

競歩20キロ女子は藤井菜々子が五輪切符ゲット! 2月の日本選手権は棄権 けが乗り越え夢結実


ページトップへ