久遠会規約

第一章 総則

(名称)

第1条会の名称を、北九州市立高等学校 同窓会(旧 北九州市立戸畑商業高等学校 同窓会を含む)とし、通称名を「久遠会」(以下「本会」と称す)と定める。

(目的)

第2条本会は、会員相互の親睦を図ると共に、母校の発展向上の支援を目的とする。

(事務局)

第3条本会の事務局を、「北九州市立高等学校」内に置く。

(組織)

第4条本会は、次の会員を持って組織する。
通常会員(旧 北九州市立戸畑商業高等学校及び、現 北九州市立高等学校の卒業生)
特別会員(前記の現教職員及び、元教職員であった者)

(方針)

第5条本会の方針は、次の通りとする。
会員相互の親睦を図ると共に、母校の更なる発展の為支援を実践する
母校の、教育計画や教育方針及び指導内容について干渉しない
政党及び宗教等には無関係であり、また営利としない

(事業)

第6条本会は、第二条の目的を達成するために次の事業をおこなう。
年次総会及び懇親会の開催
会誌及び会員名簿の作成
母校及び現役生徒に関する金銭的支援
その他、この会の目的達成をするための事業

第二章 役員及び幹事

(役員の定め)

第7条本会に次の役員をおく。
会長    :1名(通常会員に限る)
副会長   :2名(常任幹事から会長が任命する
事務局長  :1名(常任幹事から選考委員会にて選任し会長が任命する)
事務局次長 :1名(同上)
会計    :2名(常任幹事から選考委員会にて選任し会長が任命する)
会計監査  :2名(同上)
常任幹事  :若干名(同上)

(役員の選任)

第8条会長の選任は、現会長を除く全役員で構成する選考委員会において通常会員の中から選出し、総会において出席人数の過半数の承認を得ることを要する。
但し、会長退任の場合はこの限りでない。

  • 2 役員の選任は、通常会員及び特別会員より互選し役員会で審議のうえ役員総数の過半数の同意を要することとするが、欠席者については委任状をもって審議に参加したものとする。

(役員の任期)

第9条役員の任期は、2年とし再任を妨げない。

(役員の職務)

第10条役員の職務は、次のとおりとする。
会長は、本会を代表し会務を総括する
副会長は、本会の運営を統括しその会務を執行すると共に、会長に事故ある時はこの職務を代行する
事務局長は、本会運営の推進及び常任幹事の実務を統括する
事務局次長は、事務局長を補佐すると共に本会の運営記録にあたる
会計は、予算に基づき会計を処理し、総会において収支報告する
会計監査は、当該年度の経理状況を定期または臨時に監査し、その結果を総会において報告する
常任幹事は、本会運営の実務にあたる

(卒業期幹事の定め)

第11条本会に、各期幹事を置く。
卒業期幹事は卒業年次別において、同期生の中から互選された者で構成し会長が任命する。
卒業期幹事の業務は、総会開催に向け役員と共にその実務を補佐するとともに、同期生連携を図り総会等の行事に招聘を図るものとする。

  • 2 卒業期幹事の任期については定めないが、本会が久遠の継続する事に鑑み退任する場合は、同期生の中から後任者を指名することが必要とする。

第三章 会議

(役員会)

第12条役員会は、会長以下全役員で構成し定期に行うが、必要がある場合は会長が臨時に役員会を召集することが出来る。

  • 2 本会の、運営並びに重要事項の事前協議等を行うために、会長、副会長、事務局長、で構成する三役会を設置するとともに、役員会の職務を円滑に図るため常任幹事で構成する総務部会、会計部会、広報部会を設けそれぞれに部会長を定める。
  • 3 本会を運営するに当たり、重要案件の審議についてはすべて役員会に諮ることとする。
    審議の決定は、役員総数の過半数の同意を要するとするが、欠席役員全員の委任状をもって審議に参加したものとする。
    ただし、緊急事案の場合で総会の議決が得られない時は役員会の議決により執行することが出来るが、この場合については次の総会時に事後承認を得なければならない。

(幹事会)

第13条幹事会は、役員及び卒業期幹事で構成し、必要がある時は事務局長が召集することが出来る。

(総会)

第14条総会は、本会の最高議決機関であり全会員において構成し、毎年1回の会計年度終了後の新年度内に会長が召集する。

  • 2 会長が必要と認めた場合においては、臨時に総会を開催することが出来る。
  • 3 総会の議長は、出席者の中から選出するが希望者無き場合は、役員会で定めた者に依頼することが出来る。
  • 4 総会の議決は、出席人数の過半数の承認により成立する。

第四章 経費

(経費の支弁)

第15条本会の経費は、会費及び事業収入その他寄付金等の財源をもって支弁する。

  • 2 通常会員は入会金として1回限り、入学時から積み立てた10,800円を卒業時に拠出するものとする。
  • 3 本会の財政基盤の安定を図るため、会員個人の意志による寄付金は受け入れることが出来るものとする。
  • 4 会員以外の者からの財的援助については、役員会の承認を得なければならない。
    また、会員及び会員以外から財的援助を受けた理由で、いかなる性質の義務を負うものではない。
  • 5 会員及び学校関係の慶弔等及び支出については、別途「慶弔及び贈与規程」を定め執行する。

(会計年度)

第16条本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わるものとする。
ただし当年度の総会までは、暫定予算として役員会の承認の基にこれを執行することが出来る。

(会計監査)

第17条会計監査は、会計年度終了後2ヶ月の間に監査し、新年度の総会においてこれを報告しなければならない。

第五章 雑則

(規約の改正)

第18条この規約の改正は、総会において審議に図り出席人数の過半数の承認を得ることを要するとする。

 付 則

  • 1 同窓会総会は、毎年10月の第1週(土曜日)に開催する。
  • 2 「第15条の2」の入会金については、第55期生の卒業時から適用する。

 規約施行及び改正

  • 昭和41年 3月1日  施  行
  • 平成 5年11月1日  一部改正
  • 平成25年12月7日  一部改正
  • 平成26年7月19日  改  正
  • 平成29年10月7日  一部改正
  • 平成30年10月6日  一部改正

シェアする

フォローする


ページトップへ